日本に帰国でどうする 401K

日本帰国場合
401k対処方法

日本へのご帰国が決まったら
401kは安全な資産運用プランに移行します


share facebook twitter share with line pocket

日本にご帰国の場合

日本に帰国するにあたり、アメリカで運用してきた401kや403bなどのリタイアメントプランをどうしたら良いのかというご質問をよくいただきます。

401kを管理している多くの会社は、米国居住者を401kのアカウント保有者の対象にしており、日本に帰国の問い合わせをすると「米国の居住者でなくなるのならアカウントは維持できない」といわれるケースがほとんどです。(日本に帰国してもアカウントを残せる会社もあります)
また、401K を残せる場合でも以下の事を知っておく必要はあります。

401K プランは市場のリスクを受けるので資産の保障はありません。
401K プランを持っている間はAdministrative feeなどのFeeがかかります。

日本帰国時に損をしないで401kの解約が出来れば良いのですが、401kはリタイヤメントプランとして積み立てたプランなので59.5歳以前に引き出しをしてしまうと10%のペナルティと一括引き出しによる余分な税金が課せられます。
また、59.5歳を過ぎていらっしゃる場合でも、リタイヤメントプランからの資産の一括引き落としは出来る限り避けるのが得策です。

 

401kは無理に解約しない

日本に帰国が決まったら、401Kは無理に解約しない日本に帰国されてもアメリカでアカウントが保持できて、日本から資産管理が出来るプランに移行することを準備します。
在職中には401kを管理している会社との制約があり、401kの資産移行が難しい面がありますが、日本に帰国される場合はその制約が外れます。
これはチャンスとして考えて、401K のようなAdministrative feeなどの手数料も無く、大切な資産もリスクを回避して資産運用ができるプランに移行します。


 

日本に帰国時の401kに賢く対処する

アメリカにはご加入者が日本に帰国されてもプランの住所登録を日本の住所に変更できて、かつリスクを回避した資産運用ができるプランはございます。
アメリカで在職中に資産運用された401kは、日本から資産運用できるプランへ移行して安心の将来を迎える準備をします。

個人によって運用先のプラン内容は違ってきますので、詳しくは無料相談フォームからお問い合わせください。

 
無料相談はこちらから >

 
 
 
サービスの流れ >

 

 
プライバシーポリシー ご利用規約