アメリカの学資保険

学資資金準備する

アメリカで大学に進学するには高額な学資資金が必要となります。
学資保険など準備も大切ですが
もう一つ
家庭が負担する費用を最小限にする事も大事です。


アメリカのカレッジ費用

先ずは、アメリカのカレッジ費用というものを簡単にご説明しましょう!
カレッジ費用とは学費、教材費、寮費などを含めた費用で、COA(Cost of Attendance)といいます。
学生は進学する大学がプライベートスクールか、パブリックスクールかのどちらかを選択することになります。
パブリックスクールの場合、進学する大学がお住いの州内に存在するか、州外に存在するかで費用が違ってきます。
州外のほうが費用が高くなります。

アメリカのカレッジ費用(年間)
Academic Year 2019-2020
私立 州立 (州内/州外)
Stanford UCLA
$74,570 $36,028 / $63,976
U Penn U of Michigan
$75,303 $32,224 / $67,850
   

なぜ、早く準備を始めるのか?

上の表は1年間にかかるカレッジ費用を表したものです。(4年間ではありません)
そしてこの高額なカレッジ費用は年々上昇の一途をたどっています。
その上昇率はインフレーション率をはるかに上回るレベルとなっています。
この高額なカレッジ費用を支払うために、親は早くから学資資金の準備をすることになります。
理想はお子様が生まれたらすぐに学資資金の準備を始めるのがベストなのですが、どうしても先延ばしになりがちです。
学資資金は将来必ず必要となるものなので思い立ったらすぐに準備を始めることをお勧めします。

 

学資の準備方法は?

学資資金の準備方法として学資保険やこのようなプログラムがあります。

  UGMA/UTMA
  Coverdell ESA, 529 saving account
  Bonds, Stocks, Mutual Funds
  Investment grade life insurance

学資資金として準備するわけですが、フレキシビリティ、ファイナンシャルエイドへの影響、節税のことも考慮して準備することが大切です。
後で後悔しなくて済むように、どの方法が一番良いのかはプロに相談するのが最良の手段です。

 

ファイナンシャルエイドとは?

高額なカレッジ費用はファイナンシャルエイドを活用して個人の自己負担を減らします。
ファイナンシャルエイドには、

 
Scholarship(スカラシップ)
 
Grant(グラント)
 
Loan(ローン)

などがあります。

勉学、スポーツ、芸術、リーダーシップなどで優秀な成績をおさめた学生には、ScholarshipやGrantの学校や州などから得られるFinancial Aidが適用されます。
Scholarship、Grantは返済不要の奨学金と考えてください。
Freeマネーなので、これがもらえたらいいですね。

通常、ファイナンシャルエイドというとFAFSAなどのエイドのことをいいます。
FAFSAはFree Application for Federal Student Aidの略で、連邦政府によるファイナンシャルエイドです。
FAFSAのエイドはGrant, Work-study, Loanで構成されていて、申請は毎年する必要があります。
毎年10月1日に申請受付が始まります。エイドの財源には限りがありますので早く申請した方が得です。

先ず、FAFSAを申請にあたり家庭が自己負担するカレッジ費用(年額)が算出されます。
家庭が自己負担するカレッジ費用のことをEFC(Expected Family Contribution)といいます。
このEFCは家庭の収入や資産の財務情報から算出されます。
資産には、銀行セービング、株、ミューチュアルファンド、CDなども含まれます。
資産を
FAFSAの対象に含まれないカテゴリーに保有しておくことが賢い方法といえます。
EFCはカレッジ費用の中で
親が負担する費用(親のローン)と考えてください。
この費用はできるだけ少なくしたい箇所ですね。

カレッジ費用から家庭が負担する費用を差し引いたのが、
学生のファイナンシャル・ニーズとなります。
例えば、COAが$40,000で、EFCが$18,000の場合は、$22,000がファイナンシャル・ニーズとなります。

COA - EFC = ファイナンシャル・ニーズ
・カレッジ費用 (COA)   $40,000
・家庭が負担する費用 (EFC)   $-18,000
ファイナンシャル・ニーズ   $22,000

このファイナンシャル・ニーズを主に補うのがFAFSAの学生ローンです。
FAFSAの学生ローンは在学中は無利子となりますが、親のローンにはそれは適用されません。
また、FAFSAでファイナンシャル・ニーズ全額を補われるとは限りませんので注意してください。
残念ながら、
FAFSAが補わない費用は家庭が負担することになります。

 

エイドを最大限に活用するには?

家庭の自己負担額をできるだけ少なくして、ファイナンシャルエイドを最大限に活用するのが賢いやり方です。
家庭が自己負担するカレッジ費用のEFCは、親の収入・資産、子供の収入・資産から算出されます。
詳しい算出方法はここでは述べませんが、収入は進学する予定の年の2年前のTax returns、資産はその時点での資産が参照されます。

◆ 親の収入
◆ 親の資産
◆ 子供の収入
◆ 子供の資産
 
この4つのカテゴリーは
適切に準備をすれば、EFCの負担額が低くおさえられるのをご存知でしょうか?
学資資金を準備することも大切なことですが、家庭が負担する費用をできるだけ少なくする準備も忘れてはなりません。

 

よくある思い込みとは?

巷でささやかれている情報を信じて、危険な思い込みをしている人はたくさんいます。
その結果、折角もらえるエイドを逃がしてしまったり、お金を無駄にしてしまうケースは数知れません。
お金に関わる重要な情報は、信頼できる所から得ましょう。
ここでその危険な思い込みをいくつかご紹介します。

私の家庭は収入が高いのでファイナンシャル・エイドはもらえない。
  高収入の家庭でもファイナンシャル・エイドを得ているケースはたくさんあります。
早めにプロのアドバイスをお勧めします。
   
家庭の収入が少ないので子供を大学まで通わせることができない。
  そのためのファイナンシャル・エイドです。
学資資金の早期準備と、FAFSAには早めに必ず申請することが必要です。
   
プライベートスクールはパブリックスクールより高いのであきらめている。
  適切に計画して準備すれば、私立でも州立と同じレベルのカレッジ費用になることもあります。
私立は高いからとあきらめる必要はありません。
   
子供は生まれたばかりで大学への準備は早すぎる。
  お子様が誕生したらすぐに始めるのが学資資金の準備です。
早ければ早いに越したことはありません。
どの方法で学資資金の準備をするのが最適なのかはプロにご相談ください。
 

賢く準備をする

学資資金の準備プランは税金対策、リスク対策、エイド支給額への影響などを考えて選択する。

家庭からの負担額を可能な限り少なくする準備もする。

どのように学資の準備をするのが良いのかは個人で違ってきます。
ファイナンシャル・プロデューサーはこれらのご相談に無料でお答えします。
お気軽にお問い合わせください。

 
無料相談はこちらから >
 
 
 
サービスの流れ >

 
 

 
    プライバシーポリシー ご利用規約