401(K)からロールオーバー

転職・失業対処する

アメリカで転職や離職をしたら
401(K)を賢くロールオーバーします


share facebook twitter share with line pocket

アメリカで転職・失業したら

アメリカでの転職はキャリアアップの過程で、レイオフなどの離職も珍しくはありません。
アメリカで転職、または離職した場合は、前の会社の401(K)を他の場所に移すことになります。
新しい会社で前の401(K)を受け入れてくれる場合もありますが、通常は他のプランに移行します。
401(K)を他のリタイヤメント・プランに移行することをロールオーバー(Rollover)といいます
規定では60日以内に401(K)のロールオーバーを終えることとなっております。

 

勝手に401(K)を動かさない

会社を辞めたからといって、持っている401(K)を解約し自分の銀行口座に移したままにしておくと、引き出し額全額が所得としての課税対象となります。
また、401(K)のペナルティも課せられます。
これを避けるために401(K)のロールオーバーはAnnuity (アニュイティ) などのリタイヤメント・プランにダイレクトにロールオーバーする必要があります
ダイレクト・ロールオーバーは課税対象にならず、ペナルティも課せられることはありません。

 

401(K)の移行先はどこがいいのか?

401(K)を移行する先は他のリタイヤメント・プランに移行するのが基本です。
もちろん、401(K)を自分の銀行口座に入金することもできますが、課税・ペナルティなどを考えるとお勧めできません。
401(K)にあるお金はお給料から税金を引かれる前のお金ですので、移行先のリタイヤメント・プランも税引き前のお金を受け入れてくれるプランになります。
ここでご紹介するのはAnnuity (アニュイティ) です。
正確には
Qualified Annuityといい、税引き前のお金で運用される年金です。
このQualified Annuityに401(K)の資産をロールオーバーします。

一方、個人の資産で加入されるAnnuity(個人年金)は税引き後のお金で運用されています。
両者とも一般にはAnnuityという同じ名称で呼ばれることが多いので間違わないでください。
細かい規定の違いはここでは割愛させていただきますが、年金としての基本のシステムは同じです。
Qualified Annuityにはこれらの種類があります

  Fixed Annuity
年金の資金に対して一定の固定された利率で運用される。

  Variable Annuity
年金の資産はミューチュアルファンドなどによって運用される。
資産は経済に影響する。
資産運用利率に上限などの設定がない

  Indexed Annuity
年金の資産はS&P500などのIndexにリンクされ運用される。
資産は経済に影響しない。
資産運用利率に上限が設定されるが資産が減ることはない

401(K)では得られなかったベネフィットを、AnnuityにロールオーバーすることでAnnuity特有のベネフィットを得ることができます。

 

賢く401(K)をロールオーバーする

新しい就職先ではまたその会社が提供する401(K)などのリタイアメント・プランを利用します。
前の会社の401(K)はQualified Annuityにロールオーバーして、リタイアメント・プランの一つとして賢く老後の生活に備えておきます。
Qualified Annuityに401(K)をロールオーバーするには年齢に規定があります。
詳しくはファイナンシャルプロデューサーまでご遠慮なくお問い合わせください。

個人年金につきましてはこちらを参照してください。
 
Annuity (個人年金) >

 
無料相談はこちらから >
 
 
 
サービスの流れ >

 

 
プライバシーポリシー ご利用規約