アメリカの生命保険

米国生命保険活用する

知らないと損、
アメリカの生命保険の多様性。
在米中に加入すれば日本へ帰国後も継続されます。


生きている間にもらえる生命保険

今でも生命保険のイメージは「死んだらもらえる保険」というのがほとんどで、人によっては自分の死後のことまで心配する必要は無い!と無関心です。
実はこれは大きな間違いなのです。
なぜなら、新しいタイプの生命保険は自分が生きている間に自分のためにも使うことができるからです。
また、それには税金がかからず使い道も自由です。
お子様の学資資金に使ったり、自分の年金としても使えます。
生きている間にもらえる生命保険というと少し誤解を生みますが、古いタイプの生命保険は死後の保障だけだったのが、新しいタイプの生命保険には
存命中にも使うことができるものがあるという事です。
これを活用しない手はありません。何といってもその使い道は自由で非課税なのですから・・・。

 

あなたの生命保険は最新版ですか?

「私はもう生命保険に加入しているから大丈夫!」
と、おっしゃる方もこの機会に一度お手元のポリシーを確認してみてください。
生命保険を持っているからと安心していると、ある年齢になったら生命保険が失効となるケースがあります。
これでは何のための生命保険かわかりません。
古いタイプの生命保険は保証される内容が十分でなかったりすることがあります。
ポリシーの確認方法がよくわからないという方は、無料ご相談>からお気軽にお尋ねください。
ご希望であれば、お持ちの生命保険を新しいタイプの生命保険に変更することもできます。

 

保険料は生涯払い続けるのか?

生命保険が大切なことはわかっていても、やはり気になるのは保険料です。
できれば安いほうが良いし、保険料の支払い期間も気にかかります。

生命保険はこのようにいろいろなタイプがあります。

  Term
  Whole Life
  Universal Life
  Variable Universal Life
  Index Universal Life

生命保険が保障される期間が一定期間に限定されるものから、一生保証されるものまで様々です。
保険料も高齢になるまで支払うタイプから、ある
一定の期間の保険料の支払いだけ一生涯保証されるタイプのものまであります。
ご自身がどのタイプの保険が必要なのかはファイナンシャルのプロにお尋ねください。
ご相談だけでも問題ございません。お気軽にどうぞ。

 

保障と貯蓄を兼ねる生命保険

長い間、生命保険は死後の保障だけをするものとして人々に親しまれてきました。
しかし、現在では死後の保障に加えて、存命中にもお金を使えたり、貯蓄としても活用できたりと時代に合わせて進化しています。
投資目的で生命保険をご利用される方もたくさんいらっしゃいます。
元金は安全なので銀行にお金を眠らせておくよりもずーっとお得です。

今では、生命保険はその言葉の枠を超えた存在になったといっても過言ではありません。
 
生命保険を自分のために使う
生命保険を家族のために使う
生命保険を死後のために使う
 
investing
 
生命保険を資産減しない投資に使う

 

介護保険も兼ねる生命保険

lomg term care
新しいタイプの生命保険でもう一つ特記すべき特典は、介護保険を生命保険に組み込んでしまうことができるということです。
この方法ですと、介護保険と生命保険が組み合わさるので介護保険以上にフレキシビリティに富んだ魅力のある内容になります。
ただし、この特典は全ての保険会社が扱っている特典ではありませんので、ご相談時にご確認ください。


 

こんな活用方法も

Insurance for baby

生命保険の名称は、もう生命保険ではなく「人生保険」と呼んでもおかしくありません。
例えば、赤ちゃんが誕生するとすぐに、赤ちゃんの名前で生命保険に加入される方もいらっしゃいます。
これは赤ちゃんのこれからの人生を生命保険のキャッシュバリューで保護します。
また、赤ちゃんの成長ともに資産形成もされます。
これも新しいタイプの生命保険の活用方法のひとつです。

いろいろとお得な生命保険の活用方法は、
ファイナンシャル・プロデューサーがわかりやすくご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

 
無料相談はこちらから >
 
 
 
サービスの流れ >

 
 

 
    プライバシーポリシー ご利用規約