アメリカの資産運用

安心資産運用える

米国で資産運用する
お金を賢く使う=資産の安全運用
資産運用のコツとは?


share facebook twitter share with line pocket

本当の資産運用とは?

みなさんが思い浮かべる資産運用という言葉のイメージはおおよそこのような感じではないでしょうか。
【資産運用=お金に余裕のある人がやること】
そう思われてははいませんか?
資産とは多い少ないにかかわらずみんなが持っているものです。
身の回りの物もそうですし、銀行にあるお金も資産です。
資産運用とは金額の大小に関係なくお金が活動している状態をいいます。
また、そのお金があなたのために安全に活動し続けることが最も重要なことです。

 

資産は眠っていませんか?

銀行に預けてあるお金も以前は少しは預金者のために活動をしていてくれました。
しかし、現在では銀行に預けてあるお金は完全に休眠状態です。
一度、銀行の預金金利の利率を確認されてみてください。
0.01%なんて数字を見ると目を疑いたくなります。
インフレーションを考えると銀行の預金額は年々減っていくことになります。
それでもアメリカの銀行に預金されているお金の総額が約$2トリリオンもあるというから驚きです。
$2,000,000,000,000ですよ!
銀行はこのお金を活用して儲けているからいいですが、預金者は全く恩恵を得られていません。
この金額が何を意味しているかお分かりでしょうか?

 

銀行預金は目減りしていく

なぜ$2トリリオンものお金が銀行に眠ったままになっているのでしょうか?
それは、お金は安全に保管したいという心理が預金者のなかに一番にあるからです。
そして、銀行が一番安全にお金を保管できる場所だと信じているからです。
また、預金者自身にお金の運用方法が分からなかったり、資産運用にはリスクがつきものと思い込んでいるのが大多数というのも事実です。
お金を安全な場所に保管する事は大切なことで資産管理の基本です。
でも、そのお金が年々のインフレーションで目減りしていくようでは銀行は決して安全な場所とはいえません。
銀行にお金を預けたままというのは条件の悪い環境に大切な資産を置いておくということです。

 

お金に目的を持たせる

お金に将来の目的がないから銀行にお金を預けたままになっているわけです。
眠っているお金に目的を持たせると資産運用が簡単にできるようになります。
その目的は何でも良いのです。

リタイヤしたら夫婦で海外旅行をしたい

将来、高級車を購入したい

子供の学資資金に使いたい

家を購入する時の頭金にしたい

老後の生活に困らないようにしたい

子供に資産をたくさん相続させたい

お金に目的を待たせて安全に資産を増やすことを明確に心に描くことが大切です

 

資産は安全な場所で運用させる

お金は安全な場所に保管する」から「お金は安全な場所で運用する」という考え方ができれば、お金は目減りすることなくあなたのために働いてくれる事になります。
安全な場所での資産運用とは経済のリスクに影響されない場所での運用です。
経済リスクとはリーマンショックやコロナウィルスでのパンデミックのようなことをいいます。
特にリーマンショックでは不動産価格は暴落し、株や401Kに入れてあったお金も大きく減ることとなりました。
これはお金をおいてある場所が経済の良し悪しでその資産額が変動する場所だからです。
リーマンショックではたくさんの人が持ち家を失い、運用している資産を減らしました。
その反面、運用資産を減らしていない人もいるのも事実です。
その人たちは資産を経済リスクに影響されない場所(プラン)で運用していたのです。

アメリカで資産を安全に運用する

 

資産運用は賢くする

お金をどのように運用していくかは個人の自由です。
ハイリスク・ハイリターンでの資産運用を好む人もいればリスクを好まない人もいます。
ただ、アメリカの銀行に約$2,000,000,000,000ものお金が眠っていることを考えると、資産を運用するのにリスクは取りたくないと考えている方が大半と推測できます。
リスクを取らずに堅実に資産を増やしていく方法はあります。
スマートファイナンシャルプランではリスクを取らないでアメリカで資産運用ができるプランを第一にご提案させていただいております。
また、運用される資産額は決して高額である必要はありません
資産を運用するのに金額の大小は関係しません。

大切な資産を次の世代に譲り渡したいという方は相続税対策も考慮して賢く資産を運用していきます。

ファイナンシャル・プロデューサーはお客様のご希望に添った資産運用のプランをご提案します。
お気軽にご相談ください。

 
 
無料相談はこちらから >
 
 
 
サービスの流れ >

 

 
プライバシーポリシー ご利用規約